走れ!タカハシのブログ

本の感想についてのブログ

「魔女の息子」伏見憲明

ゲイの世界を垣間見たような気がしたが、中途半端なところで終わってしまったという印象だ。


魔女の息子

魔女の息子