走れ!タカハシのブログ

本の感想についてのブログ

「親愛なる」いとうせいこう

どこまで事実なのかわからない。スリリングだけど間抜けだ。それでいて怪しくて不気味で良かった。ラッパーらしく言語センスも独特だ。


親愛なる

親愛なる