走れ!タカハシのブログ

本の感想についてのブログ

「さよならクリストファー・ロビン」高橋源一郎

短編集。メタフィクション好きとしてはたまらん。どれも滑稽で悲しくて残酷だ。この人、芥川賞直木賞取ったことないのかぁ。


さよならクリストファー・ロビン

さよならクリストファー・ロビン