走れ!タカハシのブログ

本の感想についてのブログ

「白蝶花」宮木あや子

わがままな和江が悲しく、手を差し伸べたくなる。懸命な千恵子って、すごいと思った。章太郎がクズすぎる。読んでつらいところもあったけど、いい小説だった。他の著者の本も読んでみたいです。


白蝶花 (幻冬舎文庫)

白蝶花 (幻冬舎文庫)